プロセスエンジニアのためにウェブサイト

最近のトラックバック

« 原単位についての覚え書き その7 ”電力源単位の考え方” | トップページ | システムインテグレーション その1 ”インテグレーションの形態” »

2009年9月11日 (金)

原単位についての覚え書き その8 ”システムインテグレーション”

今まで原単位について色々述べてきましたが、今回8回目で「原単位についての覚え書き」を終了し、次回からは表題を「プラントのシステムインテグレーション」に変えて連載することにします。

ここで述べるシステムインテグレーションとは、多くのシステムを跨いで熱回収が行われることにより、原単位が大幅に改善するようなインテグレーション(統合)を意味しています。これとはコンセプトが異なりますが、より高度なインテグレーションも存在します。これについても回を追って説明したいと考えています。

原単位を改善することにより原燃料消費量を減らすことが出来、ひいては地球温暖化ガス削減に繋がるのですから、システムインテグレーションについてしっかりと学習しましょう。

システムインテグレーションの1回目は、熱回収システムインテグレーションの効果について説明します。まず、考えられる効果は以下の三つです。

  1. 原燃料原単位を改善出来る。
  2. ユーティリティ消費量を減らすことが出来る。
  3. 設備コストを削減することが出来る。

この三つの効果の背景には共通項が存在します。それは廃棄されるエネルギー量の減少です。

投入される原燃料や電力などのエネルギーが減少すれると、どういうことが起こるでしょうか?

燃料消費量が減少すれば排ガス量も減少します。熱回収量が増加すれば冷却水で廃棄していた熱量が減少します。

当たり前の話ですが、”熱回収システムインテグレーションを行うかどうか”、そして”行うことにより効果が上がるかどうか”を、まず判断することが重要です。そのためには何らかの判断基準が必要となります。その一つが、

  1. 廃棄されるエネルギー量が多くないか。
  2. 廃棄される熱の温度が高くないか。

次回はこの廃棄エネルギーについて考えてみましょう。

« 原単位についての覚え書き その7 ”電力源単位の考え方” | トップページ | システムインテグレーション その1 ”インテグレーションの形態” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174004/46183654

この記事へのトラックバック一覧です: 原単位についての覚え書き その8 ”システムインテグレーション”:

« 原単位についての覚え書き その7 ”電力源単位の考え方” | トップページ | システムインテグレーション その1 ”インテグレーションの形態” »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

考えてみたいこと

無料ブログはココログ